エンタメ

胸が熱くなるシーン二つ

NHKの朝ドラにしっかり嵌まりました。
それは次のようなシーンでした。
まず『カーネーション』では、お祖父ちゃんです。
宝田明扮するお祖父ちゃんが登場します。
あまりにも健気な糸子のことば。
これに、つい涙もろく、ポロッとやるのです。

『花子とアン』では、花子の親父です。
父は出下座までして、娘の退学の取り消しを願います。
娘が如何に学びたがっているかを切々と説くのです。
このシーンでポロッときます。

ということで、朝ドラは堅調です。
経営者たちの手際を、現場制作が補っています。
優秀な職員なのです。

経営トップはこれを良く考慮してください、…。
なんてことは、蛇足かも、ですね。
14Apr24