あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

顎のトラブル [顎関節症]

身体の不調を訴えた患者さんがやってきました。
何もやる気が起きなくて、食欲も低下したままだそうです。
結婚したものの、新婦として妻らしいことは何も果たせないでいる
とのことだそうで、とても苦しんでみえました。
成人してからも、これといって、すっきりと気分が晴れた記憶がないそうなのです。

そこで病院は内科・心療内科・耳鼻科・精神科とたくさん診てもらったのです。でも、これといって症状はよくならず、このままいっても改善の見込める様子がなかったので、半分あきらめ気味なのだそうでした。

当院で見せてもらったところ、口の空き方が何かおかしいのです。
よく動きを観察していると、ひらがなの「く」の字形に曲がってしまいます。開けるスピードも、曲がる付近で遅くなります。
これは曲がった角ばった方の側の顎に変調がある可能性が高く思われました。
口を開けてもらって、上あごの一番奥の歯の、さらに奥にあるところを触れてみました。触診してみるのです。
案の定激しい痛みを訴えて、口が動かせません。
健康な人にはこうはいかなくて、指が触れていようとも、邪魔することなくすっきりと開きます。

外側翼突筋の肉離れがあります。

それによる〈顎関節症〉これが当院の診断です。
この項続きます。
07Aug24

Posted by 管理者 at 17時18分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=137

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.