あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

濫觴の2 [マウスピース]

マウスピースが登場して日は浅いです。
人口に膾炙するようになったのは、ついこの間のことです。
三十年前においては、いったいそれが何なのか、全くの無理解に曝されていました。
この装置を奨めても、それこそ皆キョトンとして、怪訝な顔をしていたのです。

今日マウスピースを用いた顎治療が、かくも一般的になるとは、まさに隔世の感があります。

前回は、この治療のきっかけとなった、ポッセルトの著書の紹介と、ホーレーの装置について、これらを書くことができました。

そもそも、矯正治療の保定段階に用いる装置としての出発でした。この装置が、顎が崩壊していく過程で、ここでも保定のためのものとして用いるのです。この、ポッセルトの慧眼をも紹介できたのでした。

ポッセルトは、この装置の効用として以下の五項目を挙げています。

・ 歯ぎしり予防
・ 顆頭の関係の修復
・ 筋痙攣の緩和
・ 咬頭干渉の予防
・ 診断装置

としてマウスピースの効用をとらえて、その著書で述べているのです。

では、なぜ効くか。
この奥深い難問について、考えてみましょう。
直接咬合力をブロックするという効用があります。
歯周病のうち咬合性外傷のような病変には効果あります。
神経筋機構はに、マウスピースによる干渉に効果があるのです。
07Nov15

Posted by 土川院長 at 10時27分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=153

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.