あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

顎のトラブル2 [顎関節症]

前の記事では、患者さんが顔を顰めたこと。
お尋ねがあり、《勘が当たった》と、申し上げたこと。
そこで、「続きは、次に」と、させてもらいました。
そこで、ここに、お約束通り、何が「当たったのか、…」を、申し上げましょう。

これは、〈顎関節症〉なのです。
典型的な顎のトラブルです。

歯が痛いのに、どうして顎のトラブルなのですか?

当然な質問です。
これは神経支配をかんがえると、そうなります。歯と顎の神経は、元が一緒なのです。トラブルを起こしたときの、アラームの、信号系が、同一なのです。だから、歯か、顎か、その区別は、つきません。どちらかが、悪いのです。
残念ながら、そうなっているのです。
これが、顎のトラブルの発見を、、、、、、遅らせているのです。
ここが、重要なのです。
「どの歯も・・悪くない」
こう仰る先生は、間違っては、いません。
でも、
〈歯は悪くないけれど、顎が悪い〉
と診断されるべき、なのです。
この状態を診て、顎のトラブルに想いを致すべきなのです。
そうすれば、悩んでいる患者さんに安心を与えられます。
解決策は難しくありません。
不安の方がもしいらっしゃるなら、当院をお訊ねください。
13Mar21

Posted by 土川院長 at 10時34分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=462

コメント

筋膜の炎症です。
緊張している筋肉を、緩めることです。
これは一口に、言い表しにくいことなのです。
是非お出かけなさってみてください。

土川院長 2013年03月22日 13時53分 [削除]

少なくとも痛みだけでも、どうしたらおさまるでしょうか?
教えて下さい。

モブサブ 2013年03月22日 13時51分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.