あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

無意識について2 [心身歯科]

前回は、歯周病と「無意識」についてのお話をしました。
意識は十七世紀になって、デカルトやスピノザによって明らかにされてきた哲学の領域でした。

それまでは、西洋の伝統の中で、無意識、もしくは心を人間が研究することはタブーでした。
心は神のみに向き合うべきものだったからです。
世俗や、まして悪魔が、手にすることがあっては、決してならないものでした。
したがって、心と、神学とは、教会の領域です。
世俗が研究してはならないものでした。

心は教会によって、研究を禁止されていました。
それを十七世紀の哲学者が、禁を破ったのです。
ルネッサンス、すなわち人間讃歌の、大きな影響がありました。
錬金術も発達し、科学、とりわけ化学的な研究が進みました。
創薬も果たされたのです。

そこへ、十九世紀になって、さらにフロイトが現われて、心の研究をしたのです。

このようにして、心や意識はむろんのこと、無意識も人の手になるようになったのです。
十九世紀末から二十世紀になってのことなのです。
無意識発見はオンリー・イエスタディーの出来ごとでした。
このことを、わかっていただけたでしょうか。
13May13

Posted by 土川院長 at 14時12分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=470

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.