あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

歯肉の腫れ [歯周病]

歯肉の腫れを、歯周病と関わらせてお話ししましょう。
歯肉の腫れは、たくさんの原因で起きることがあります。
そこにアブセスができたりします。
また火傷で水ぶくれになる人もいます。
それから歯周病が嵩じて腫れます。

これらを、絡めて書くことにしましょう。
歯周病も歯列の劣化と関わっています。
長年使って来た歯列は、顎とともに草臥れます。

そうすると、トラブルに見舞われることになります。
歯肉が赤くなったり、歯が動いて来たりします。
嚼んでも、痛くて力が入りません。
そうして、気付くと、歯茎が腫れてします。

これはれっきとした歯周病です。
そのうちに、腫れた歯茎から膿が出てきます。
そうして抜け落ちてしまうのです。

長いこと使って来た歯だから仕方がないのでしょうか。
手だては何もないのでしょうか。
少しでも長く、自前の歯で咬み続けたい。
そうして、いつまでも自分の歯を、健康のまま保ちたい。
ひいては健やかな長寿を迎えたい。

そういったことが叶うのでしょうか。
とても困難であることが分かります。
相対的には、それは、あるでしょう。
人より若く見える、といったことが、…。
でも、それはあくまで相対なのです。
いずれは、厳しく、困難な状態が待ち受けています。

ここを、どう考えて行ったら、いいのでしょうか。
13Jul18

Posted by 土川院長 at 10時31分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=482

コメント

Science toysさん、コメントありがとうございます。

土川院長 2014年06月10日 15時43分 [削除]

歯周病は、通常、適切に歯と口の中をきれいにしない人のために発生します。それを防ぐために、我々は適切にすべての食事の後、当社の口を洗うと、少なくとも一日二回ブラッシングする必要がある必要があります。このトピックの詳細を共有していただきありがとうございます。

science toys 2014年05月27日 16時21分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.