あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

心と身体はかく語りき [心身歯科]

06Aug10
ツァラトゥストラですって。
この前に続いて木村敏(敬称略)です。
ニーチェの影響は計り知れませんね。
『心の病理を考える』の、「4章 生命論と精神病理学」の「こころと身体」の項でニーチェを引いて言ってます。
少し長いが紹介します。

《私はどこまでも身体であってそれ以外のなにものでもない。心とは身体に付属した何かを指す言葉にすぎぬ。身体とは偉大な理性であり、ひとつの感覚をもった多様なのだ。……兄弟よ、君が〈精神〉と呼ぶちっぽけな理性も君の身体の道具であり玩具なのだ。〈わたし〉と君は言い、この言葉を自慢している。だが、君は信じたくないだろうが、君の身体とその偉大な理性のほうがもっと偉大なのだ。身体の理性は口では〈わたし〉と言わないで、〈わたし〉を行為している。……道具であり玩具である感覚と精神、その背後にさらに〈自己〉がある。〈自己〉が感覚の目で探索し、精神の耳で聞いている。……兄弟よ、君の思考と感情の背後にはひとりの強力な命令者、知られざる知者がいる。その名を〈自己〉という。君の身体に彼は住む。君の身体が彼なのだ》(『ツァラトゥストラはこう語った』第一部「身体を軽蔑するものについて」)

ツァラトゥストラという小悪魔に、このように語らせているニーチェも凄いが、これを見出した木村も凄いと思いませんか。

Posted by 土川院長 at 08時27分   TrackBack ( 1 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=49

ニーチェとディック〜下降して上昇、退歩して進歩

哲学者ニーチェの著書「ツァラトゥストラはかく語りき」には、「人間とは樹木のようなものだ。木は育って上方へ伸びれば伸びるほど、地下では根が下へと伸びていく」と書いてある。冒頭には、山の頂上に住む賢者ツァラトゥストラが鷲や蛇などの野生動物と共生しているくだり

レーゼシナリオ⊂例是⊂劇文学!? 2006年08月27日 08時11分

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.