あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

職人論 [土川歯科医院について]

「言い張って譲れない」
というような、妙な拘りのようなものがある。
「職人だ」
と、いうことに尽きるかと思う。

それは、何か専門家という一つのジャンルのなかに、閉じ込められないもの。すっぽり納まっていることとは違ったものなのだ。

ではそれが歯科の現場での具体性としては、どんなことだろう。
巧くはいえないがやってみる。

顰めッ面でやってきても、にっこり笑って帰す。
これが心情だけど、先生や、まして神様っていわれることは、好きじゃない。
自分は、単なる職人だと思っているから。

さらに、左甚五郎なら、憧れる。
誰にもできない真似を為す。
そこに誇りを感じる。
それだけだね。

だから、いつも、却って、戦々恐々としている。
いきなり真剣勝負になるからね。
上手く行って当たり前なのだから。

そして、傍からは、何も苦労しているようにみえる。
すんなり上がることを心がけているから。
努力している姿なんて、絶対にみせたくないないね。
額に汗するなんて、ほとんど負けか、よくて引き分け。

圧倒する勝利ってのがある。
それは、終って爽やかにバイバイすること。
一生懸命やりましたなんて、徒弟じゃあるまいし。
巧くできて当然なのだよ。

「プロの職人なのだから」

こういって、胸を張る人がいる。
憧れるなあ。
13Sep05

Posted by 土川院長 at 09時35分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=492

コメント

難しいところですね。
職人は、手仕事に誇りを持っているのじゃないでしょうか。

土川院長 2013年09月05日 09時53分 [削除]

職人と、普通の歯医者さんと、どう違いますか。端的にお願いします。

スマホおじさん 2013年09月05日 09時47分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.