あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

歯肉包帯 [歯周病]

コーパックの再出現に驚きました。
というのも、暫く市場から消えていた?
そうです。
姿を消していたのです。
理由は分かりません。
ネットでは、
「薬事法関連で、必要な書類を提出していない」
と、いうことだそうです。
つまり、成分などの報告をしなかったようなのです。
したがって、従来は成分が今ひとつはっきりしませんでした。
しつこく調べてみて、やっとその成分が分かりました。

成分

キャタリスト:酸化亜鉛、植物油、鉱油、酸化マグネシウム 他
ベース材  :ロジン、ラウリン酸、天然ゴム、ラノリン、エチルセルロース 他

コーパックは、キャタリストとベース材を混ぜ合わせて用います。
この二つは、別々のチューブに入って供給されます。

歯周外科では、これを広く用い続けてきたのです。
例えば、外科手術後の創傷にコーパックを直接塗る。
または、シーネにコーパックを合わせて用いる。
こういった応用がいくつも考えられます。
実際にそのように用いてきました。

これが無いと、手術に支障を来す。
そう仰る先生も多いのです。

いずれにしても、これの再出現に、ホッとしました。
これが消えてしまってからは、慎重に用いてきました。
でも、これからはコーパックが無くなることを心配しないで済みます。
大胆に用いられます。
13Sep27

Posted by 土川院長 at 08時58分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=496

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.