あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

総義歯の話 [義歯]

顎堤 • • の、無い、総義歯を作っています。
顎の骨が退化?して、無くなってしまっています。
そういう患者さんが、やってきました。
どうやって考えていけばいいのでしょうか。
どうやって作ればいいのでしょうか。

具体的には、何処がポイントになるでしょうか。
いくつかありますが、今回はその一つです。
顎舌骨筋線を型に採れるでしょうか。
ここは顎と舌を結び、働かせる筋肉です。

俗に「滑舌」などといいます。
すなわち、顎と舌の関係です。
そして、その善し悪しに関わります。
話をする人には大切な部分です。
ここがうまく型に採れるでしょうか。

顎堤の型が採れると、義歯は半分完成します。
次は、噛み合わせを作ることです。

こうして、総義歯をトライしてみます。
14Jun10

Posted by 土川院長 at 11時42分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 2 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=526

コメント

定期検診で、歯の喪失を防げますよ。

土川院長 2014年06月10日 15時46分 [削除]

歯を少しずつ喪ってます。
総入れ歯になったらと、恐ろしくなります。
歯は失いたくありません。

スマホおじさん 2014年06月10日 15時41分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.