あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

いわゆる25年問題(その3) [理論]

日本は「25年問題」を真近に控えています。
これらを先回に、施設での介護の要点としてお話ししました。
さて、この難問をどう乗り切るか、…。
人口論として捉えて観ると、なかなかいいアイデアが浮かびません。
それでは、個々人にとっては、どうしたらいいでしょう。

身近な自分の問題として捉えてみるのです。
すると、まず、自分の歯で食べたいものですね。
胃瘻になってしまうなんてことは、まっぴらですね。
とにかく自分の歯で噛みたいものです。
それには丈夫で、タフな、歯と顎が必要なのです。

そこで、よく歯を磨くことです。
さらに、フロスや歯間ブラシのような道具が要ります。
ウォータージェットもあるといいかもしれません。
これらを使ういこなさなければいけませんね。


歯医者さんへお出かけになって、それらスキルを得ましょう。
ポイントは歯の溝や、ポケットにあります。
ここは常在微生物が繁殖し易い場所です。
つまりバクテリヤがたくさんの種類、そして数が、うようよ居たりします。
これらをどうコントロールするかです。
さらに奥深くは、レッドコンプレックスです。
これは、三つの種類のバクテリアを数えます。

すなわち、
ポリフィロモナス ジンジバリス
タンネレラ フォルサイシア
トレポネーマ デンティコーラ
この三つです。
これらは、歯周病原因菌として、極悪な三種なのです。
これらは嫌気性菌で、冷たい水や空気を嫌います。
スプレーができるといいですね。
16Dec20

Posted by 土川院長 at 14時16分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=578

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.