あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

Gysiの咬合6 [咬合]

咬合を考えています。そこに、ある様子が浮かびます。これはまた、私の、論考というものに取り組んでいる姿でもあるのです。この論考とは、「歯論咬合」です。この咬合を考えていく際に、咬合器というものをとりあげています。そして、ここへきて端と行き詰まってしまったのです。
手許にある一冊の『咬合 その原則と実際』を取り上げてみて、これにも咬合器の取り扱いが詳しく書いてあります。
ここにも、そこでも、補綴学、あるいは咬合学は咬合器を取り上げるのです。ですが、このプラクチカルな生き方はアメリカ的なものではないでしょうか。それがどこ由来のものでもかまいませんが、プラクティシズム的なあり方は、咬合学が隆盛した一時代の影響下にあることを免れません。
そこの反省が要るか否か。
そんな問いが、そしてそんな躊躇いが、足を掬う原因のようでもあるのです。
すると、歩みを換えるとするならば、どこへ行けばよいのでしょうか。
そういう思いで振り返ってみると、自分の補綴学徒としてのあり方と、咬合器とは付かず離れず歩んできた想いがあります。例えば恩師である長谷川茂男先生を想い出してみても、咬合器を撫でるように慈しむ姿が思い起こされるのです。そしてGysiの軸学説が思い起こされます。この軸こそがGysiの平線咬合器である、蝶番軸をもつ咬合器なのです。
そして、院長ブログでもこの件に触れていました。
ここにそのURLを掲げます。
http://www.kamu-kamu.jp/index_c.php?date=2009-03-12&cID=21
参考にしてみてください。
17Apr07

Posted by 土川院長 at 12時20分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.kamu-kamu.jp/tb.php?ID=588

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.