あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

歯の痛み Phantom bite Syndromeとは? [歯の痛み]

歯が痛いといってもどう痛いのか。
それについて、いま新たに問題になってきたものがあります。
前回少し触れたこととは、次なようなことです。

何となく痛いような特定できない痛み。
もしくはどこで咬んでいいのか分からない。
これがPhantom Bite Syndromeというものです。
どこで嚼んだらいいのか分からない。
これが歯の痛みについての新しい現象です。

これについて考えて行きましょう。

Phantom Legという現象が二十世紀に登場しました。
メルロー・ポンティーによる研究と、その発表に触れてあります。

歯科でも心と体に横たわる難問として登場しました。
いったいどこで噛んでいいか分からない。
なのに、義歯の不調和などの具体的症状がありません。
歯科医師は途方に暮れます。
何をどうしたらいいのでしょう。

この深い悩みを探求することが今求められているのです。
16Mar14

Posted by 土川院長 at 14時09分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

歯が痛むとは? [歯の痛み]

歯の痛みには3種類あります。
一番はムシバの痛みです。
ついで歯周病の因るものです。
最後は前2者と異なるものですが、これは後で述べます。

まずムシバの痛みです。
これが一番分かり易いものです。
まず、冷たい水などが沁みてきます。
そのうち、暖かいものでも痛みが走るようになります。
そして、夜間痛です。
Pain in bed
Shumeruz ins Bett
と英語でも、独語でもベッドに入ってから痛んでくるいいます。

これは歯の神経をとるよりありません。
まず麻酔をします。
十分効いてきたら、歯を削って神経をとリます。
歯周病は、歯がグラグラ揺れてきます。
それから沁みるようになります。
後は、ムシバの場合と同様です。

問題なのは、その他の場合です。
何となく痛いような気がする。
だけれど、それはたしかにイタムのです。
この特定できない痛み。
もしくはどこで咬んでいいのか分からない。

これは、もしかして、
Phantom Bite Syndrome
どこで嚼んだらいいのか分からない。
これが歯の痛みのニューフェースです。
これについては、続きを考えて行きます。
16Mar11

Posted by 土川院長 at 15時07分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 1 )

緊急処置としての咬合調整 [咬合]

歯が痛いので、急いでオフィスに行った。
とにかく治療しなくては。
といって、おだれもいいない。
自分以外には。
だから自分でやることになる。

疲れが残ると度々こういうことがある。
歯が浮いてしまうのだ。
だから口を閉じれば、初めに当たる。
お昼の弁当の鮹が一切れ。
噛み切れなかったのだ。

仕方がないから浮いた分を削る。
これで少なくとも口を閉じられる。
しかも、歯の根がしっかり合わせられる。
晩ご飯は食べられた。

咬合調整は急な処置の第一選択肢。
噛み合わせを調整することで、楽になる。
自分の歯もまずこれで様子をみる。

二日が経過して、ものが食べられる。
新調にこの歯に当たらないようにしている。
そうすれば、だいぶ楽である。
こうして、徐々に自然治癒するのを待つ。

抗生物質などの化学療法がある。
この選択肢は、次の手段。
歯の付近が激しく腫れる場合にのみ用いる。
12Sep25

Posted by 土川院長 at 10時14分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.