あごは大切です あごの健康維持こそが、体の健康維持につながります

土川歯科医院ロゴ

 
(〒465-0093)愛知県名古屋市名東区一社1丁目78
Tel:052-703-0828 Fax:052-703-0807
サイトマップ | お問い合せ
 

内服とは? [虫歯と痛み]

樟脳は鎮静効果の高い薬品です。
これを歯科ではムシバの痛みの鎮静に用いています。

この樟脳には、昇華作用があります。
そこで樟脳の結晶が気化するというと、だんだん小さくなっていきます。

さて、ちょっと昔にさかのぼってみましょう。
聖徳太子は「冠位十二階」を定めました。
このころから、立身出世するということで衣鉢が進化しました。
衣鉢を改めるとはそういうことなのです。

このように位が上がると、その無理に痛みを覚えるものも出てきます。
その場合、冠の中に樟脳などの薬品を入れます。
頭痛に対処したのです。

この行為を服びるといいました。
服用ですね。

いまでは、飲み下すことを内服と言っています。
こちらの方が一般的になったのでしょうね。
17Feb14

Posted by 土川院長 at 15時40分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

歯の痛み2 [虫歯と痛み]

歯の痛みは辛いものです。
とくに若い人にとって歯の痛みは一層強そうに思えます。
若い人ほど歯の痛みは堪え難い傾向があります。

それでは、当院に多くいらっしゃる、お歳をめした方にはどうでしょうか。
お年寄りは、歯が沁みると訴えます。
ですがすぐに収まる傾向が強いようです。
では、どうして痛みが激しくなり難いのでしょうか。

それは神経が後退していくからでしょう。
長いこと使った歯の神経はドンドン細くなります。
しかも表面から後退するのです。
小さく、細くなった神経は、痛みが少なくなるのです。

それではお年寄りの歯はどのように対処しましょうか。
まず、何らかの消炎処置を行います。
そして様子をみます。

ということで、リスクをかけて無理矢理神経をとりのでしょうか。
その必要は少ないようです。
たとえば、循環器系リスクの多いお年寄りに、無理なことはいけません。
乱暴な処置は避けなければなりませんね。

危険な事態を招いてしまうこという懸念を、払拭することですね。
16Jun10

Posted by 土川院長 at 16時30分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

炒り豆とトロイ [虫歯と痛み]

虫歯治療の話ですが、角度を変えて語ります。
ところで、シュリーマンという人がいました。
トロイの遺跡を発掘した人です。
シュリーマンの発掘譚そのままに語れるでしょうか。

そこでは、幾層にも重なった堆積物が鍵です。
それらを、虫歯治療の中に見いだす誘惑です。
これは、場違いなのでしょうか。

そのお話を綴りたい誘惑に駆られます。
「炒り豆とトロイ」と題しては、どうなのでしょう。
果たして巧く行くでしょうか。

炒り豆とトロイが、どんなか、ゆっくりと考えてみましょう。

ということで、お話は炒り豆を食べるところからです。
たべたら、大変!
填めてあった詰め物が、動いてしまいました。
しかも、よく噛むと痛みすらあるのです。
せっせと美味しい炒り豆を食べました。
そのせいで、歯が傷んだ、ということなのでしょう。

それがきっかけとなって、来院した患者さんがいます。

そこで、詰め物を丁寧に取り除きました。
すると、その下にも、何かがあります。
欠けた部分が、築造してあったのです。
しかもご丁寧に、ピンが用いてありました。
スクリューピンの2in1というものを、使ってです。
詰め物の下の築造と歯を、ピンが止めています。
更に、この築造の下にもセメントがありました。
累々と積層されて、セメントの層が出てきたのです。

この詰め物は、何度も外れたみたいです。
外れては、やり直してありました。
窩洞を何度も、再構築して、詰め物を用いてきました。
その経過がうかがわれたのです。

このことが、何事かを想起します。

さて、小アジアに繁栄した古都トロイ。
ホメロスの『イリアス』に出てきます。
ここに出てくるイリオン=トロイ。
イリアスとは、イリオンの歌というぐらいの意味だそうです。
これの存在を疑わなかった、シュリーマン。
彼の発掘譚は、その夢物語を夢見ることでした。

と、いうことで「炒り豆とトロイ」を結びつける、これは場違いでしょうか。
14Sep01

Posted by 土川院長 at 13時41分   TrackBack ( 0 )   Comment ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

ご来院前には、顎に関するご相談は下記のお電話までお気軽にどうぞ
水曜、日曜、祝祭日を除くフリーダイヤル

検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

カテゴリーリスト

最近の記事

最近のトラックバック

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 to Current Year 土川歯科医院 All rights reserved.