心身歯科

阪大口腔生理学(その1)

大阪大学歯学部口腔生理学は大きな貢献を為しています。
今から五十年も前のことです。
研究は重要なことです。
なかでも船越正也の研究はとても大事な発見をしています。
具体的に解説してみましょう。
彼は無蓋猫をもちいて、脳幹の電気刺激を行いました。
この実験を通じて、三叉神経中脳路核のメカニズムの発見を成し遂げたのです。
この学恩を今日に於いても深く感じています。
顎口腔系に安定と、晴明をもたらす治療のもととなります。
これを心がけねばならないということを意味するのではないだろうか。
健全な顎口腔系に支えられて、咬合の安定性を確保するということが大切です。
咬合治療の課題でもあります。
そこには、一本の歯の咬合へのこだわりが、歯科治療の基本になっています。
さらに敷衍してみましょう。
歯のみならず歯列、その土台としての顎関節等の顎口腔系全体が調和的に働くことです。
これらがあってこそ、咬合の安定性が保たれるのです。
17Jul31