心身歯科

一本の歯の咬合3

前々回につづいて咬合の大切さを説いていきます。

咬合の安定性を欠いては、あらゆる歯科治療が成功しません。
とうことで、ここでは理論面にも触れます。

まず、咬合調整についてです。
日常臨床上の技術的な側面に留まりません。
チェアーサイドなどの技術だけではあません。
学術的かつ理論的な領域にも議論を深めてい来ます。

咬合学的な技術の下支えしている理論を理解することが大切です。
咬合学という歯科の一ジャンルの技法の一つが咬合調整です。
ですが、そこにはこれまで縷々触れてきた理論的な側面を欠きそうですね。
それでは、その技術を全うすることは到底できません。
ということで、咬合学に裏付けされた理論に触れていきたい。
17Sep29